研磨・放電による微細加工を得意とするコアピンの製造メーカー | 山形精研株式会社

設備案内

製品案内

コアピン

山形精研ではコネクター用コアピンに特化し、独自素材の開発などのノウハウを集約させ高精度・高品質の製品を提供しています。

製品案内へ

技術案内

コアピン

弊社独自の金属素材「IMO-8」についての技術資料を始め、技術資料や産学共同レポートなどの技術データを公開しております。

技術案内へ

更新情報&TOPICS

HOME > 設備案内 > 超精密マイクロプロファイル研削盤 UPZ210Li

超精密マイクロプロファイル研削盤 UPZ210Li

超精密マイクロプロファイル研削盤 UPZ210Li

超精密マイクロプロファイル研削盤 UPZ210Li
リニアモータ・機上画像処理システムなどの最新技術を搭載、超精密金型加工の実現

超精密マイクロプロファイル研削盤 UPZ210Li

超精密マイクロプロファイル研削盤UPZ210Liの強み

リニアモータ・機上画像処理システムによる超精密金型加工の実現

超精密・高速加工

左右駆動をリニアモータとすることで、真直性や位置決め精度と円弧補間精度の向上を図るとともに20mmストロークで250反転/minの高速反転が加工時間を大幅に短縮しました。

高剛性鋳物

通常の鋳物に比べ質量を2倍強に高め振動吸収性を高めた高剛性鋳物を自社で開発しました。フットプリントを2.2平方メートル(間口1m×奥行2.2m)に抑えるとともに、本体質量は5700kgを誇っています。

機上画像処理システム

微細成形研削の最終工程でネックになる計測の問題を解決しました。加工物を外して測定器で測定し再セッティングしたのでは精度の復元は困難。そこで機上で計測、画像処理できる機上画像処理システムを開発しました。

コンタリング加工

アランダムトイシの機上での手動角度ドレス・Rドレス作業を自動化したコンタリング専用加工機。20点ポイントコンタリングソフト(OP)はプログラム作業を簡略化しました。

コンタリング加工

チルトヘッド

トイシ軸は前後に±5°旋回できるためトイシをわずかに傾けることで垂直面の面粗さも向上できます。旋回は機械前面側のハンドルで操作でき、後ろ側に回る必要がありません。

超精密マイクロプロファイル研削盤UPZ210Liのソフト

Gコード対応コンタリング/対話式コンタリング/ポイントコンタリング/ハンドル形成R&C

加工データ

超硬パンチ

加工方式:コンタリング研削

面あらさ:Ry=0.0929μm

仕様砥石:SDC600P125

加工方式:ブランジ連続切込み

材質:SKD-11相当

仕様砥石:W800J9V27

形状:溝幅0.27mm/溝深さ:0.802mm/ピッチ:0.6mm 28満

加工精度:溝幅のバラツキ:0.5μm/コーナーR:5μm

以下/ピッチ精度(累積):0.6μm

機械仕様

項目 単位 UPZ210Li

容量

 テーブル作業面の大きさ

mm

200×110

 テーブルの移動量(左右×前後)

mm

200×110

 テーブル上面からトイシ下面までの距離

mm

230

 永磁チャックの寸法(長さ×幅)

mm

200×110×40

 チャック上の積載質量

kg

5

左右送り(X軸)

 送り速度

mm/min

0.1〜30

前後送り(Z軸)

 早送り速度

mm/min

1000

 送り速度

mm/min

1〜1000

 最小設定単位

mm

0.0001

上下送り(Y軸)

 早送り速度

m/min

1000

 送り速度

m/min

1〜1000

 最小設定単位

mm

0.0001

トイシ

 寸法

mm

外形Φ80(ダイヤモンドホイール用)

外形Φ150(アランダムトイシ用)

 回転速度

min-1

3000〜15000

モータ

 トイシ軸用

kw

2.2

 上下送り用(ACサーボモータ)

kw

1.4

 前後送り用(ACサーボモータ)

kw

0.75

 注水ポンプ用

kw

0.25

 油温自動調整器(注水装置用)

kw

1.6

 油温自動調整器(リニアモータ用)

kw

1.6

電源

 所用電力

kVA

25

専有面積

 間口×奥行×高さ

mm

1000×2200×1850

質量

 機械本体正味

kg

5700

▲PAGE UP