研磨・放電による微細加工を得意とするコアピンの製造メーカー | 山形精研株式会社

設備案内

製品案内

コアピン

山形精研ではコネクター用コアピンに特化し、独自素材の開発などのノウハウを集約させ高精度・高品質の製品を提供しています。

製品案内へ

技術案内

コアピン

弊社独自の金属素材「IMO-8」についての技術資料を始め、技術資料や産学共同レポートなどの技術データを公開しております。

技術案内へ

更新情報&TOPICS

HOME > 設備案内 > CNC画像測定 NEXIV VMR-1515

CNC画像測定 NEXIV VMR-1515

CNC画像測定 NEXIV VMR-1515

CNC画像測定 NEXIV VMR-1515
小ストロークで、小型電子部品、モールド部品、プレス品など幅広い製品に対応

CNC画像測定 NEXIV VMR-1515

CNC画像測定 NEXIV VMR-1515の強み

15倍ズーム比により、低倍時の広視野と高倍時の高精度を両立

標準倍率ヘッドは、5段階/15倍のCNCハイスピードズームを搭載。測定箇所の大きさに応じて最適な倍率で測定できます。

15倍ズーム比により、低倍時の広視野と高倍時の高精度を両立

多彩な照明で、複雑な形状のエッジもシャープに検出

多彩な照明で、複雑な形状のエッジもシャープに検出

入射角度の異なる2系系統の8分割LEDリング照明を装備。 8方向の照明と光量を任意に組み合わせできるので、垂直落射照明ではとらえられない微妙なエッジの検出が可能。

セラミックパッケージ・セラミック基板/プリント基板などの測定物に非常に有効です。

立体部品にも余裕をもって対応できる、50mmの長作動距離

高性能顕微鏡に匹敵する高N.A.(0.35)、低ディストーションの対物レンズは、全倍率範囲で50mmの長作動距離を実現。低倍観察時の広視野、高倍観察時の高精度のどちらのニーズにも対応できます。

表面形状に依存しない高精度AFを実現する高速TTLレーザAF

高分解能、長作動距離の高速TTLレーザオートフォーカス機構を搭載。低倍観察でも段差のある狭部へシャープにオートフォーカスでき、表面形状に依存しない高速AFを実現。1000点/秒の高速ならい測定も可能で、高精度で汎用性の高いZ軸測定が行えます。

15倍ズーム比により、低倍時の広視野と高倍時の高精度を両立

TTLレーザAFのしくみ

CNC画像測定 NEXIV VMR-1515の機能

広視野、高N.A.の対物レンズ/15倍ハイスピードズーム/長作動距離のTTLレーザAF/高速・高精度のイメージ(画像)AF/4系統のCNC制御により、あらゆるワーク形状に最適照明

加工品

15倍ズーム比により、低倍時の広視野と高倍時の高精度を両立

機械仕様

本体部

ストローク(X×Y×Z)

150×150×150mm

最小表示単位

0.1μm

被検物最大質量

20kg

測定精度

 

U1X, U1Y

1.5 + 4L/1000μm (被検物質量5kg時)

U2XY

2.5 + 4L/1000μm(被検物質量5kg時)

Z軸測定精度

1.5 + L/150μm

カメラ

白黒1/3型CCD(プログレッシブスキャン)

カラー1/3型CCD

作動距離 

50mm

倍率/視野

 

タイプ1

光学倍率 0.5〜7.5×

総合倍率 18〜270×

視野 9.33×7〜0.622×0.467mm

タイプ2

光学倍率 1〜15×

総合倍率 36〜540×

視野 4.67×3.5〜0.311×0.233mm

タイプ3

光学倍率 2〜30×

総合倍率 72〜1080×

視野 2.33×1.75〜0.155×0.117mm

オートフォーカス

TTLレーザAF/イメージAF

照明

透過、垂直落射、8分割LEDリング照明(中入射角/大入射角)

供給電源

AC100V±10%、50/60Hz

消費電流

11A

寸法(W×D×H)/質量

 

本体

512×703×1200mm/約180kg

本体+測定台

690×730×1725mm/約220kg

コントローラ

250×550×500mm/約31kg

設置寸法(W×D)

2100×1100mm

ホストコンピュータ

本体

IBM PC/AT互換機 (Windows®XP)

CRT

17型TFTカラー

▲PAGE UP